大間埼燈台               戻る



初点
大正10年11月1日

灯質
群閃白光 毎30秒に3閃光

灯高
36m

塔高
25m

光度
12万カンデラ

光達距離
17海里 (約31.5km)

所在地
青森県下北郡大間町大間 弁天

緯度経度
北緯:41度33分06秒 東経:140度54分54秒

 
「日本の灯台50選」に選ばれています。

弁天島・大間埼燈台

本州最北端の燈台です。正確には沖合約800mの弁天島に建っています。
残念ながら、間近には訪ねることができません。

津軽海峡を挟んで対岸は北海道の汐首岬で、わずか17.5kmの距離。
北海道の最南端・白神岬よりも、こちらの方が約13km北に位置します。

大間埼燈台
海峡を吹き抜ける強風の中、じっと風に耐えるカモメが、、。

(アジサシではないかとの声もありますが、鳥のことはわからないので
 ご存じの方がありましたらご教授願います。)


訪ねたときは、正に暴風雨。傘など役に立たず、合羽を着て写真を撮っていましたが
他に観光客の姿はなし…。

近くにはテントサイトがあり、ライダーが数組テントを張っていました。
これから北海道にでも渡るのでしょうか?
大間からは函館まで、フェリーで約2時間。


燈台TOPに戻る

燈台データ

燈台あれこれ

訪ねた燈台に戻る

2002年2月15日 更新