御前埼燈台               戻る



初点
明治7年5月1日

灯質
閃白光 毎10秒1閃光

灯高
54m

塔高
22.7m

光度
56万カンデラ

光達距離
19.5海里 (約36km)

所在地
静岡県榛原郡御前崎町御前崎

緯度経度
北緯:34度35分45秒 東経:138度13分33秒

 「日本の灯台50選」に選ばれています。

御前埼燈台

意外かもしれませんが、静岡県の最南端に位置しています。
伊豆半島南端の石廊埼燈台の方が北になります。
遠州灘に突きだしており、遠州灘と駿河湾を分けています。

明治7年5月に英国人技師ブラントンの設計で建てられ点灯しました。
江戸時代に幕府が灯明堂を建てたのが始まりで、当時の灯明堂が復元
されています。

この燈台は見学ができ、登ることができます。

もともとは1等フレネル式レンズを備えていましたが、戦争で空襲を
受け破損したため現在は3等大型レンズを備えています。
塔身に対して灯ろう部分が大きいのがその名残です。
海岸から望む御前埼燈台
御前崎燈台を西側海岸から望む。
燈台北側には市街地が広がっていますが、海岸から見上げるとまさに岬の先端に立っている
燈台というのが実感できます。


再現された見尾火灯明堂大きな灯ろう部分
第3等フレネル式レンズ


御前埼燈台の東南の沖合いにある御前岩。座礁する船舶が多く灯標が設けられています。

群閃白光 毎8秒に2閃光。光達距離13海里(約24km)



燈台TOPに戻る

燈台データ

燈台あれこれ

訪ねた燈台TOPに戻る

2009年6月25日 更新