経ヶ岬燈台                     戻る



初点
明治31年12月25日

灯質
群閃白光 毎20秒3閃光

灯高
148m

塔高
12.4m

光度
77万カンデラ

光達距離
29.5海里 (約55km)

所在地
京都府竹野郡丹後町

緯度経度
北緯:35度46分26秒 東経:135度13分34秒

 「日本の灯台50選」に選ばれています。

日本海をバックに回転点灯中です。

点灯中・第一等フレネル式レンズ
近畿地方の最北端・丹後半島、日本海に突きだした燈台です。明治31年12月初点灯。
現在、日本に六カ所しかない第一等フレネル式レンズを備えています。海面から燈火まで
148mの高さがあります。

重いレンズを回転させる装置も、当時最新鋭の水銀槽式回転装置で、パリの万国博覧会に
出品されたものを購入して設置されました。

現在は完全自動化されていますが、有人の時には立派な石造の官舎が建っていました。

燈台の見学は敷地内に限って可能で、建物内へは入れません。(もちろん灯塔へは登れません。)
石造りの旧官舎。
現在は機器室などに使われている、旧官舎の一部です。
灯台設置時の明治31年に建てられた、立派な石造りです。


燈台TOPに戻る

燈台データ

燈台あれこれ

訪ねた燈台に戻る

2002年10月21日 新規