犬吠埼燈台              戻る



初点
明治7年11月15日

灯質
単閃白光 毎15秒に1閃光

灯高
52.0m

塔高
25.0m

光度
200万カンデラ

光達距離
19.5海里 (約37km)

所在地
千葉県銚子市犬吠埼

緯度経度
北緯:35度42分28秒 東経:140度52分07秒



この燈台は参観ができ、灯塔に登ることが出来ます。
犬吠埼灯台 灯塔
言わずと知れた犬吠埼灯台です。関東平野の東端に位置します。
煉瓦造りの燈台で、日本一高い煉瓦建造物です。


英国人技師、R・H・ブラントンの設計監督にて建てられました。

この燈台は、輸入煉瓦ではなく国産の良質煉瓦の開発によって
燈台・付属舎・宿舎に19万3千枚の煉瓦を使用して建てられ
ました。
現在は外側に耐震補強工事を施されていますが、その優美なスタイルを
保つように工事が行われました。



犬吠埼灯台 初点扁額
明治7年11月15日の初点を示す扁額です。

犬吠埼灯台 霧信号所
鉄造の霧信号所が現役でがんばっています。
国内では唯一の圧縮空気による霧笛です。
明治43年4月1日に運用を開始しました。

35秒に1回吹鳴します。(吹鳴5秒・停鳴30秒)

犬吠埼灯台 霧笛舎


犬吠埼灯台 光源のメタルハライド電球
第1等フレネルレンズです。中心にあるのがメタルハライド電球です。
左側が予備灯になり、本灯が切れた際にはすぐに自動で切り替わるようになっています。


犬吠埼灯台 第一等フレネルレンズ


犬吠埼灯台 霧笛舎と燈塔
直射日光が第1等フレネルレンズに直接あたらないように遮光スクリーンが掛かっています。


犬吠埼灯台
燈台には航路標識事務所が併設されています。

  

燈台TOPに戻る

燈台データ

燈台あれこれ

訪ねた燈台に戻る

2006年6月2日 新規