部埼燈台 (へさき)               戻る



初点
明治5年1月22日

灯質
連成不動単閃白光 毎15秒に1閃光

灯高
39.1m

塔高
9.7m

光度
閃光18万・不動光7千カンデラ

光達距離
17.5海里 (約32km)

所在地
福岡県北九州市門司区白野江

緯度経度
北緯:33度57分22秒 東経:131度1分31秒

 「日本の灯台50選」に選ばれています。

階段を上って行くと
階段を上って行くと、潮流信号表示塔と共に部埼燈台が見えてきました。
標高30mの高台にあります。

周防灘に面する部埼燈台
関門海峡の東の入口にあり、周防灘にむかう燈台です。
第3等フレネル式レンズを備えています。

初点灯が明治5年1月22日。
和文と英文で月が違いますが、太陰暦と太陽暦の違いです。
この燈台の歴史を物語っています。


部埼燈台
部埼燈台と潮流信号所
御影石造りの円形燈台です。



江戸時代この岬でかがり火を焚き、沖行く船を支えつづけた僧 清虚
(きよかげ)の像。
護岸工事中で近づくことが出来ませんでした。

古くからこの地が、海運にとって重要な地点だったことを示しています。
部埼燈台 第3等フレネル式レンズ
第3等フレネル式レンズです。
この部埼燈台は「
連成不動単閃白光」といい、不動光中に、単閃光を発します。




夜の部埼燈台の灯光
関門海峡の
対岸、下関の火の山から見た
夜の部埼燈台の灯光です。
15秒ごとに閃光を発します。


燈台TOPに戻る

燈台データ

燈台あれこれ

訪ねた燈台に戻る

2003年8月24日 新規