安乗埼燈台 (あのりさき)               戻る



初点
明治6年4月1日

灯質
単閃白光 毎15秒に1閃光

灯高
33.3m

塔高
12.7m

光度
33万カンデラ

光達距離
16.5海里 (約31km)

所在地
三重県志摩郡阿児町安乗

緯度経度
北緯:34度21分43秒 東経:136度54分41秒

 「日本の灯台50選」に選ばれています。


安乗埼燈台
志摩半島にあり、国の重要無形民俗文化財の安乗文楽で有名なところです。
狭い町並みを抜けて行くと、その先に草原が開けて突端に建っています。
燈台の手前には「安乗埼灯台資料館」があります。
今年4月から一般公開が始まり、登れる燈台の仲間入りを果たしました。


安乗埼燈台
この燈台の歴史も古く、的矢湾の入り口に位置するところから烽火台が設けられていた
ぐらいで、明治6年4月に木造の洋式燈台として建てられました。
昭和23年に鉄筋コンクリート式に建て替えられ、当時では珍しい四角形の灯塔となり
ました。
フレネル式多面閃光レンズを用いた我が国最初の燈台です。


一般公開化に伴って整備されたのでしょうか。
以前には無かった旧安乗埼燈台のミニチュアがありました。



旧安乗埼燈台
昭和23年の建て替えの際に現存する日本最古の木造式燈台ということで、
旧木造燈台は横浜に移築されましたが、現在は「船の科学館」
(東京)に再度移築となり保存されています。


訪れたのは2回目ですがご覧の天候で観覧中止・・木のかたちでこの地の気象がわかります。

荒天の場合は、内部の機器保護(塩害)のため公開休止となるそうです。
で、一緒に灯台資料館も閉まっておりました・・
まったく運が無いというべきか、日頃の行ないのせいでしょうか・・


燈台TOPに戻る

燈台データ

燈台あれこれ

訪ねた燈台TOPに戻る

2004年5月16日 更新