TOPへ
すずめのさんぽ | あひるのわたり | ざっつえんたー天めんと | About Us
TOP すずめのさんぽ 1996年 4〜8月(その14) おまけ

ドレスデン観光案内?
 ドレスデンといえば、第二次大戦のヨーロッパ戦線で最大級の空襲を受けた町。被害を受けた旧市街には現在も人はあまり住んでおらず(観光資源になっているせいもあるが)、人々はエルベ川を越えた新市街のほうに住んでいる。
 旧市街全体が黒っぽいのは、火にあぶられた石を使って町を再建したからなのだろう。
 東西統一後、再建が急ピッチに進められ、(写真にはないが)文字通り瓦礫の山だった聖母教会も数年後には復活するそうだ。

※ 写真をクリックすると拡大版が見られます。
 
君主の行列 旧王宮
代々のザクセン王の居城だったが、第二次大戦で破壊され、当時も(多分)現在も修復中。
君主の行列 君主の行列
旧王宮のアウグスト通りに面した外壁の壁画。マイセン磁器のタイルにザクセンの歴代君主の騎馬行進の様子が描かれている。
これがあの大空襲を生き延びたのだから・・やはり奇跡でしょう?
ツヴィンガー宮殿 ツヴィンガー宮殿
ご多分にもれず第二次大戦で破壊されたが、復元。中は博物館、美術館になっている。
手前に立っている人物は・・・だーれだ。
温室 ピルニッツ宮殿の温室
ドレスデン郊外、ピルニッツ宮殿(夏の離宮だったとか)の庭にあった温室。
中には大きな椿の木がありました。何やら有名な椿らしい。