新着!鶴見済さん情報

☆過去の執筆記事・対談・インタビューなどの一覧はこちら

不適応者の居場所

日時&告知 報告(鶴見済のブログ)
第10回 8/16(金) 18:00~
真夏の「不適応者の居場所」
8月「不適応者の居場所」の報告
第11回 9/14(土) 18:00~
9/14の「不適応者の居場所」、小中高生もどうぞ
9月の「不適応者の居場所」報告
第12回 10/?? 代々木公園?  

第1回からの告知と報告、不適応者の居場所Q&Aはこちらです。

2019-8-26

(1)奈良県の正定寺で2018年9月に開催された「お寺0円マーケット」の様子が公開されています。「お寺0円マーケット」は0円ショップを参考に「『0円で生きる』筆者の鶴見済氏にも連絡をとり実現」。5月に第2回が開催され(動画あり04:38~)、寺報『菩提樹』第67号(PDF)にも解説があります。次回の「お寺0円マーケット」は2019年9月23日の予定です。

(2)2019年9月7日の渋谷秋まつりで「しぶや0円ショップ」があるそうです。

鶴見済『0円で生きる』発売中‏ @wtsurumi 2019年8月26日
今年の渋谷秋まつりは、
9月7日(土)17時半~20時@美竹公園。
カラオケや食べ物など色々ありますが、恒例しぶや0円ショップも盆踊り(宮下音頭含む)もやります。放出品ある方は参加大歓迎(野宿してる人たちへの贈与になる)。
野宿者中心の祭りですが、一般の方も参加できますので、ぜひ。
2019-8-9

ナカヤママリコさんによる鶴見済さんのインタビュー記事「鶴見済さんに聞く、いま居心地のよい場所とは」が公開されています。

ナカヤママリコ‏ @mariko_825_ 2019年8月7日
鶴見済さん@wtsurumiに、ご自身が主催している『不適応者の居場所』や人間関係についてお聞きしました。
鶴見済さんに聞く、いま居心地のよい場所とは|ナカヤママリコ @mariko_825_|

ナカヤママリコさんのツイッターより。ナカヤマさんが不適応者の居場所に参加した際のレポートはこちらです。

2019-7-28

大阪「水辺のまち再生プロジェクト」が実施する体験型プログラム「PUBLICSHIP SCHOOL 2019」第2回で、鶴見済さんが0円ショップのノウハウや考え方をレクチャーする予定。2019年9月1日~28日の準備期間を経て、9月29日(日)に「大阪市内の各地に0円ショップをゲリラ的に出現させる」!! 詳しくは→PUBLICSHIP SCHOOL 2019 第二回のテーマーは「0円ショップ」: 水辺のまち再生プロジェクト blog

[追記]2019-8-21

水辺のまち再生プロジェクト」の水辺通信2019年8月号には、今回の0円ショップイベントと『レイヴ力』の関係について書かれてます。

2019-7-17

杉浦博道さんという編集者さんのインタビュー(5秒ルールで10万部!杉浦博道の「1年に1冊以上」ベストセラーをつくる方法 | 出版TIMES)で鶴見済さんの『完全自殺マニュアル』が話題になっています。→「自殺を勧める本ではなく、淡々と自殺の方法が誰でもできるように書かれていて、実は質実剛健。「いざとなれば自殺という選択肢を用意しておけば、もっと気楽に生きられる人も多いはず」というスタンスにすごく共感しました」

2019-7-9

(1)2019年7月26-29日のノジュロック・フェスティバル2019で鶴見済さんがDJをやるそうです。

鶴見済『0円で生きる』発売中‏ @wtsurumi 2019年7月8日
ノジュロック・フェスティバルという手づくりイベントにて、DJをやることがなにげに決まっています。

(2)鶴見済さんが講師をつとめた学習会「分かち合いの社会をめざして「0円生活を楽しむ」」(2019年5月25日開催)の報告がNPO法人・大人の学校HPに掲載されています。→大人の学校 講座の記録

2019-6-27

(1)『毎日新聞』2019年6月25日夕刊7面のコラム「憂楽帳」で0円ショップが取り上げられました。筆者は奥村隆さん。鶴見済さんの話も少し出てきます。

「0円で生きる」などの著書があるフリーライター、鶴見済さん(55)は「リサイクルショップで買い取ってもらうより、欲しい人にあげる方がもう一度使ってくれそうで気分がいい。お金のやり取りを伴わない生活の知恵です」と話す。

奥村隆「憂楽帳 0円ショップ」『毎日新聞』2019年6月25日夕刊7面より

(2)<古くて新しい情報>「プロザックを飲んだ後の気分の経過を書き、ある雑誌にも発表したメモである」(鶴見済『人格改造マニュアル』P65) 。ついに「ある雑誌」を発見!→「鶴見済の抗鬱剤人体実験結果発表」『IN NATURAL』1995年4月号。この号には落合Q太郎さんが書いた『無気力製造工場』の書評もありました。

『0円で生きる』写真館 2019-6-16


「花を楽しむなら春のサクラだけでなく、ウメ、ツツジ、アジサイ、バラなどもまとめて植えられている公園・庭園が多いので見にいってもいい」(鶴見済『0円で生きる』P202)

2018-10-19(2)

『0円で生きる』の著者・鶴見済さんをAbemaPrimeが特集!

2018年10月19日放送「大切なモノ取り戻す!0円生活のすゝめ」


過去ログ

*『完全自殺マニュアル』『人格改造マニュアル』の「有害図書」指定反対!
 『完全自殺マニュアル』『人格改造マニュアル』は素晴らしい!!
「「強く生きろ」なんてことが平然と言われてる世の中は、閉塞してて息苦しい。息苦しくて生き苦しい。だからこういう本を流通させて、「イザとなったら死んじゃえばいい」っていう選択肢を作って、閉塞してどん詰まりの世の中に風穴を開けて風通しを良くして、ちょっとは生きやすくしよう、ってのが本当の狙いだ。」(『完全自殺マニュアル』P195より)

『完全自殺マニュアル』の規制は“個人の選択肢としての自殺”と“死にたくなる原因”を混同しているのではないか。『完全自殺マニュアル』が提起したのは、自殺という選択肢を持つことで息苦しさが和らぐ、生きやすくなるということ。“死にたくなる原因”を肯定しているわけでも、死ぬことを勧めているわけでもない。これのどこが有害なのか。“死にたくなる原因”を放置して『完全自殺マニュアル』を否定する考えこそ有害だ。

開設:1999年10月2日 見やすい版:2013年10月23日 見やすい版ver.2:2019年7月9日~