すばらしいワタル紀行 1999年11月10日(水)

『創』プレゼンツ 有害指定と自主規制 「完全自殺マニュアル」と「放送禁止歌」


5.現状と対策

篠田 はい。いいですかね。えーと、ほか……ちょっと、にしかた君。発言してよ。あのー運動、運動論的な。

(会場拍手)

篠田 あのー、あ、拍手が出てるよ(笑)。

ワタル さっき、さっきの話どうでした?

篠田 こないだ選挙に立候補して落ちたからね。にしかた君。こないだ選挙に落ちて……落ちた人だけどさ。ああ、そりゃいいけど、あの、

ワタル さっきの話なんてどうですかねえ?

篠田 「有害コミック」騒動の時に、ま、市民運動を展開した人。元おたく……あ、「元」って言っちゃ悪いか。今でも……

ワタル もっとあと、もっと具体的な話する予定でしたが。

にしかた公一(マンガ防衛同盟/「有害コミック」問題を考える会共同代表) えー、あのー、一つ確認しておきたいんですけど。さっきちょっと紀伊國屋のこと出てましたけど、ちょっとさっき見てきたんですけど、ちょっとはずれちゃって申し訳ないんですけど。あのー、引き上げられたっていうマンガは今日の時点では置いてましたね。

篠田 あ、戻したの?

にしかた ええ。

ワタル オレも見てないんですけど、やっぱりマンガコーナーって新しく設けましたよね?

にしかた ええ。

ワタル あれっつーのがガラガラになってんのはホントですか?

篠田 や、だから戻した……

にしかた ある程度ガラガラになってましたけれども。ちょっと抜いたなって跡があったんですけど、まあ改めてこう平積みにした。まあ『センチメントの季節』とか置いてありましたんで。一応ちょっと報告はしとこうかなぁと思い。

ワタル それが広がったから慌てて戻したんですかね?

にしかた その可能性ありますね。

篠田 あのー、けっこうみんな敏感に反応して、おかしいとかってワーッ広がってますからね。

ワタル ホントにおかしいと。

篠田 はい。

にしかた で、運動論って……運動論ってあれですけど、一応あのー

篠田 いや、その君たちはなんかやろうとしてんの?

にしかた ああ、まあ一応都庁には行ってきましたけれども。

ワタル あれ、また起きるでしょう。オレの本がこうなった以上。「有害コミック」。またやれ……やろうと向こうが思わないだけで、

にしかた うん。

ワタル やる方ってできそうですね。

にしかた ちょっと前回の「有害コミック」とちょっと違うのは、あのー、そういう健全育成運動の伝統的な盛り上がりとか、全国的な盛り上がりみたいなものはないということですね。

ワタル でも、でも、コミケ一斉摘発なんて実に可能……簡単なことな感じがしませんか?

にしかた うーん。ま、可能は可能でしょうけど。ただ雰囲気としてそうはなってないです。あのー、都庁の役人がですね、ちょっと言ったのだと、これだけこうマスコミなんかで報道されてるのに、賛成も反対も全然自分のところに意見こないと。警察の時も全然意見こな……あのー青少年課にもこないと。そんなこと言ってましてですね。

篠田 ないって例えば陳情とかそういうことっていうことかな?

にしかた 陳情もそうだし、いわゆるダイヤル青少年って、なんかあるわけですけど。

篠田 ああ。

にしかた あのー、誰でも電話できたり。

ワタル じゃあどうするのかっつーのを聞きたい。

篠田 いや、それはねえ、たぶんさー、今回鶴見さんの本だけがターゲットにされてるからよ。

にしかた うん。

篠田 あん時はもういろんな本がターゲットにされたんで。

にしかた うん。

篠田 みんな自分のこととして考えたんだけどさ、今回やっぱ鶴見さんの本だけ……とりあえず。

ワタル ケーサツが言ってくるっつーのもおかしな話だよね。ケーサツは警備員なんだから……

篠田 うん。まあ、まあいいや。それで何?

ワタル 当たり前なんだから。

にしかた ま、それはちょっとあれですけど。でー、一応その都庁に聞いてきた話だと、あのー今確か、さっき名簿出たの青少年審議……健全育成審議会ですよね。

篠田 はいはい。

にしかた あれとは別に青少年問題協議会っていう機関があるわけですけれども。それがまー今第23期とかになって、一応来年の3月までなのかな? で、来年のえーっと4月から第24期ってのが始まって22年なんですけれども。えーっと、そこに、ま、『完全自殺マニュアル』の件、要するに自殺を含めるかどうかってことですよね。条例に。それをかけるかどうかはまだ決めていない、というのが一応公式の回答ですね。

ワタル 東京都ですね。

にしかた 東京都です。

篠田 たぶんかけるんじゃない? きっと。

にしかた まあ、

ワタル だけど東京都はたぶんね、今回はね、新たな作戦を考え出したんじゃないかって気もしますよ。審議しない、っていう名目上、実質的に方針を発表することによって全国的な広まりを実現させると。

にしかた そうですね。

ワタル 具体的には。でも実際そうなってますね。とりあえず、それほど頭がなくって計画してやったわけじゃないんでしょうけど、こういう問題の全ての、あのー移行過程っていうのは、各々の段階で苦肉の策をとっていくことによって最終的に成功してしまって。

にしかた うん。

ワタル それが制度化されると。

にしかた うんうん。

ワタル いうようなことなんで、

にしかた うん。

ワタル うーん。

篠田 ま、ま、いいや。にしかた君の発言ちょっと聞きましょう。

ワタル はい。わかりました。

にしかた ま、だから、一応まだ残ってるかもしれないあれとしては……あのー、ちょっと今の23期の青少協ではやらないってことですから、まあ、あのー3月までにですね、ま、バンバカバンバカ都庁のダイヤル青少年にバンバン電話かけるとかですね、まああるいは議会の方に請願かけるとかですね。

篠田 鶴見さんの本を発禁にするなっていうんで電話をかけると。

にしかた そういうことです。

ワタル あと、そう運動をする際に一番気をつけなきゃいけないのは署名運動は絶対やっちゃいけません。

篠田 (笑)

ワタル あれはあのー、敵にブラックリストを渡すのと同じですから、絶対避けるべきだと思います。

にしかた そこ難しくて、あのー議会に請願出す時はどうしても名前出さなきゃいけないんですよね。

ワタル そうなんですよね。あのー、だけど、

篠田 ブラックリストって、

ワタル や、

篠田 請願の名前ってそんなんでもないよ。

ワタル や、そうですよ。オレは絶対署名なんかしませんが、住民の、有権者の住民の50分の1のねえ、署名を集めなくちゃいけない。

にしかた えー、それは条例の発議じゃないですか?

ワタル そう。条例の改廃。

にしかた まあ、一般的なあのー、陳情とか請願だったらそれはすぐできますんで。一応議会に対して出されたものは行政に回らないことになってますんで。

ワタル だけどあれって議会に通す……議会ってのは単なるセレモニーに過ぎないですよね。だから議員にかけあってもまったく意味がなくて。それまでに行われる、まあ文教委員会。

にしかた うんうん。

ワタル あそこを押さえなきゃいけないってのは、すごい難しいと思いますよ。

にしかた うーん。ま、文教委員会っていうか、つまり議会内……

ワタル ここで法案が決まってしまう。改正法案決まって、

にしかた うん、まあ、

ワタル 決められた法案を全員で……だいたいの決めるだけでしょ?

にしかた うん、まあ、なんていうか、それは結局知事が強い意志を持っていれば、それに反対する声がなければそのまんまやってしまいますよね。

ワタル や、……うーん。

にしかた や、まあ、単純にいけば、あのー石原の首飛ばせるくらい議会で野党が多数派を握ればいいんですけれども。

ワタル まあ、知事は置物でしょうからねえ。

にしかた ああ、ちょっと石原慎太郎の場合はちょっと違う……

篠田 いやいや、そりゃいいけど、にしかた君たちは今回の問題についてどういうふうに考えてるわけ?

にしかた やっぱりそれは、

篠田 反対なわけ?

にしかた 当然そうですね。自殺……そもそも自殺ってのは法的に禁じられてる行為じゃないわけですから、そういうことを、あのー、ま、描写されてるからといって、こう禁止するのはそもそもおかしいと。

ワタル うーん。

篠田 うーん。

にしかた で、まあ、それで、まあうちとしては、とりあえず3月までにいろいろかける……まあ、3月頃にたぶん決めてしまうんだと思いますけど、それまでにこういろいろとこう……東京都とかに働きかけていこうかと思ってます。まあ、いろいろルートはありますんで。

ワタル 実際、「児童ポルノ法」も広がりをみせると思いますからね。

にしかた そうですね。あのー、まあ現場の混乱って話がさっき篠田さんの方からありましたけれども。まあ、でもそういう混乱は相当あれするでしょうし。まあ、あと最初に摘発されるのはもっと、あのー裏ビデオ通販業者みたいなとこじゃないかなーと僕はちょっと予想は一応してるんですけども。

ワタル ああ、はいはい。

にしかた もしくは古本屋みたいなところ。まだいわゆるロリータの写真集みたいなの残ってるところ。

ワタル うーん。

にしかた じゃないかなって一応予想はしてるけどもね。

ワタル 最近の立法化の作戦っていうのは、最初は割と「まあいいか」っていうような感じの、印象を与えるような法律として成立させ、立法化させといて、後から改正によって自分の思い通りの法律にちょっとずつちょっとずつ作り上げていくって感じだから。

にしかた そうです。

ワタル 最初のとこ気をつけてないと、もうあと手出せない。

にしかた そうです。あの、児童ポルノだと不備は3年後の見直しによってって……あの条項ってのありますんで、

ワタル そうそうそう。

にしかた あのー、絵を入れるとか単純所持規制を入れるとかいろいろ話ありますけど、ちょっとこの辺、

ワタル うーん。絵、絵って書いてありました?

にしかた えーと、絵は……絵を入れるというのですね、

ワタル うーん。

にしかた あの、今回我々の方で外させましたけれども。

篠田 いや(笑)、

にしかた 我々の方でそういう言い方をしてるんですが、まあ、まあみなさんからの……

篠田 いや、そうですよ。そのつまり鶴見さんの件については、にしかた君たちのとこで、あの陳情とか請願するって意味? 3月まで。

にしかた 一応そういうことも考えてます。

篠田 なるほどね。

にしかた あのー、ま、陳情より請願の方が有効なんで。

ワタル じゃあ、

にしかた で、請願はただ都議会議員の……

ワタル 第、第2部でにしかたさん来てもらえますか?

篠田 いやいやいやいや(笑)。

ワタル 3人で、3人でやった方が面白い。

篠田 いや、それはいいけど。それは。はい。

にしかた ちょっといろんな方法考えてますんで。まだ固まっては……今度の紀伊國屋の自主規制みたいなことの方をちょっと今優先しようって空気がありますんで。ちょっと、まあ、それと2つあって大変なんですけど。

ワタル 後半、後半いらっしゃいません?

篠田 後半ってのは、もう後半に入ってんだよ(笑)。もう10時半だしさ(笑)。

ワタル そうそうそう……


6.「質問コーナー(2)」へ

すばらしいワタル紀行目次へ