猫さんの保健室


   猫の風邪(呼吸器症候群)-猫だって風邪をひく

 世の中には、動物は風邪をひくと思っていない人も多いようで、診察していて風邪の猫さんが来て「これは風邪です」というと「え、猫も風邪ひくの?」と言うリアクションな人が結構居ます(ちなみに猫も犬もフェレットもウサギもハムスターも鳥も風邪ひきます)。だもんで、ココでは簡単に猫さんの風邪についてまとめてみることにします。
   

猫の風邪は何が原因?どうしてうつる?
                                                  人間の風邪が単一の病原体で起こるのでないように、猫の風邪も一つの病原体でなく、ウイルス、細菌、クラミジア、マイコプラズマなど色々な病原体の複合感染によって起こることが多いです。特に症状を悪化させる2種類のウイルス(ヘルペスウイルス、カリシウイルス)については、ワクチンがあり(3種混合ワクチンに入っている)その症状を予防または軽減することが出来ますが、いろんな病原体の複合感染ゆえ、完全に風邪から身を守ることは結構難しかったりします。
 風邪の感染経路ですが、罹患猫の分泌物(くしゃみ、目やに、ヨダレ)の直接的(患者猫と同居している、たまたま病気猫と接触が外などであった)、間接的(飼ってる人が他の病気猫を触った、病気猫が使っていたようなモノに触れた、など)な汚染により感染します。潜伏期間は2日から10日ぐらいと、まちまちです。

主な症状について

・鼻炎によりくしゃみを頻発したり、粘液や膿性の鼻汁がでます。ひどい場合は鼻閉で開口呼吸をするようになります。

・結膜炎により眼瞼(まぶた)がはれぼったくなったり、涙、目やにが大量に出ます。目の不快感が強いと、目をこすって角膜を傷つけることがあります。 

・咳(わかりにくいかも知れませんが、しゃっくりするような感じです)や声がれ、声が出なくなることがあります。ノドの症状が強い場合は、食事が飲み込みにくくなることがあります。

・口内炎、舌炎で口の粘膜や舌に潰瘍が出来ることがあり、また、ヨダレが大量に出ることがあります。口臭も強くなります。

・発熱します(普通の猫は38度台が平熱ですが、39度以上、時には40度前後の熱が出ます)。発熱により元気、食欲の消失、脱水症状が起きやすくなります。

 病気の経過は、通常5〜14日ぐらいで落ちついてきますが、子猫や老猫、他の感染症(猫エイズや白血病)のある猫は症状が悪化しやすく、亡くなってしまうようなこともあります。また、症状が慢性化して数週間に渡る場合もあります。治った後に鼻炎の症状だけが慢性化してしまう場合もあります。

治療

 上記の症状が見られた場合は、軽い症状でも悪化しないとは限らないので、早めに動物病院で診察、治療を受けることをおすすめします。

 主な治療方法ですが、

・細菌の感染を押さえるために(大概の風邪は複合感染なので)抗生物質等を処方します。ウイルスを押さえるためにインターフェロンという薬を注射する場合もあります。

・脱水症状や食欲不振がある場合は、補液や点滴をそれらの改善のために行います。(時には入院による治療も必要な場合もあります)

・家庭での治療は保温と安静、食事の摂取がポイントです。食事は特に、食べ憎かったり食べられない場合もあるので、食べやすいものをちょっとずつ与えたり、場合によっては流動食(病院に行けばそういう食事がありますよ)を強制的に与えたりして、栄養状態を悪化させないように気を付けて下さい。

予防

・風邪は感染症であるとともに伝染病でもあるので、感染猫に同居猫が居たら、出来るだけ隔離に勤めた方がよいです。間接的な接触も気をつけるよう心がけてください。特に子猫や老猫など体力のない猫では簡単に感染を起こすことがあります。

・風邪をもっとも悪化させるウイルス2種については、ワクチンで予防、症状の軽減が出来ますので、ワクチンをきちんと接種することを心がけて下さい。

・人間や犬の風邪は移らないし、猫から人間や犬に感染することはありませんので、その辺のご理解を、、、。

                          戻る