猫さんの保健室


  猫の心筋症-突然起こる怖い心臓の病気

 猫の心臓疾患は、犬に比べると発生頻度はかなり低いです。しかし、一見元気だった猫さんに、突然起こる怖い心臓疾患があります。それが猫の心筋症です。この病気は、ほかの病気のように徐々に弱ってくるのでなく、昨日まで元気だった猫がいきなり元気がなくなったり、呼吸が苦しくなったり、あるいは足がたたなくなったりなどの症状でつれてこられ、かなり重篤な状態で命の危険にさらされていることも少なくありません。今のところ、予防的な方法の決定打もなく、ほんとに困った病気の一つであります。しかし、心臓に直接起こる病気であるので、できるだけ具合が悪いのを早くに見つけて処置することで、救命、延命も十分可能でもありますので、こんな病気があるということを読んで知って頭の隅に入れていただけると幸いに思います。

心筋症とは?

 心筋症は、人間でも犬でも発生のある病気ですが、一般的に「原因または関連の不明な心筋の疾患」と定義されており、一般的には突然起こるので「突発性心筋症」とも呼ばれます。心筋症には肥大型、拡張型、拘束型の3つのタイプがありますが、猫ではこのうち、心筋壁の肥厚が見られる肥大型心筋症が多く発生します。

心筋症の症状は?

 この病気の症状は、病気の程度により様々ですが、臨床症状を表さずに経過するものもあれば、ほかの病気の検査中に偶然見つかることもあります。よく見られる症状をいくつかあげておきますと、
・呼吸速迫(苦しそうに速い呼吸になる)、咳、、食欲不振、運動不耐性(あまり動かなくなる)、歩様蹌踉(足取りがふらつく)などで、突然呼吸困難を起こし死亡することもあります。
・この病気では、心臓に血栓ができることが多いのですが、その血栓が動脈に流れ出すと、末端の動脈で詰まってしまうことがあります。多く症状が現れるのが、後肢で、突然歩けなくなるという、後肢麻痺を示し、発病後、非常な疼痛を示して暴れます。この症状がでた猫では、後肢の動脈が触知できなくなり、血行不良により、爪を切っても出血が見られなくなります。
・血栓は足だけでなく、色々な臓器に流れる動脈に詰まることもあり、その部位での重大な障害を起こします。(ワタシが見た例では、小腸の動脈に詰まって、腸の決行を遮断した超良くない症例があります)

どんな猫さんに出てきやすいか?

 この病気がなぜ起こるかについては、不明な部分も多いのですが(人でもなぜ心筋症が起こるのかわかってないそうですが。ワタシの友人も元気だった人が突然発症して亡くなりました)、病気が多く見られるのは一般には体格の大きい雄猫が多いです(え、この猫が?と思うような元気な猫さんがいきなり発病することも多いです)。

検査、診断するに当たって

 この病気は心臓病で、かつ、来院時には状態が非常に悪くなっている場合が多いので、検査が大変な場合が多いのですが、診断が送れるとそれだけ症状も悪化するので、迅速な診断が望まれます。検査は、胸部のレントゲン写真胸部の超音波検査、心電図、血液検査などを行います。特に、胸部のレントゲンでは、心臓が正常と異なって肥大している像が見られ、超音波検査でも、心臓の形態や動きに異常がある像が見られ、血液の流れが悪くなっているために、血栓が見られる場合もあります。(血栓の発生率は、かなり高いです)血栓が詰まっている例では、血液の凝固系の異常が見られたりします。

治療

 まず、発症した猫は安静が必要です。静脈の確保を行い、心臓の治療に使う各種薬剤の投薬を行います。呼吸困難を起こしているものでは、酸素吸入が必要です。血栓が動脈に詰まっている猫、血栓が心臓に観察されている猫では血液凝固阻止のための薬剤を使って、血栓を除去するように勤めます。足などにできた血栓を外科的に除去する場合もありますが、まずは内科的に全身状態(特に心臓、呼吸器)の改善に努めるのが優先されます。

病気の予後

 この病気は非常に予後が悪く、治療をきちんと行っていて、元気を回復していても症状が悪化したり突然亡くなることも多いです。ですので、飼い主さんはその旨をきちんと理解し、どのような治療を行うことで、猫さんが長く楽に過ごせるか、獣医さんの指示をきちんと受けて治療を続けてください。投薬は終生必要となりますので、途中で勝手にやめずにきちんと続けるようにしてください(薬をやめると突然症状が悪くなることがあります)。通院で治療している場合では、きちんと定期的な診察を受けてください。現在の症状と少しでも変わることがあったらば、直ぐに獣医さんに見てもらうようにしてくださいね。

戻る 

保健室トップに戻る