魔界塔士SaGa 食い合わせの解説


表中の記号の意味


A〜Y: モンスターリストの昆虫〜鬼
: 人間 / エスパー
a〜d: モンスターリストの玄武〜朱雀
イ〜ニ: モンスターリストのロボット〜武闘家
: デスマシーン
: アシュラ
: データをロードしてから一度も戦闘を行っていない状態
r: ギガース
s: ハエおとこ
t: 族の町のエスパーギャル
u: グレートドラゴン

二種類の食肉法
通常の食肉
戦闘後に敵の落とした肉を食べる食肉法。
このときは、イ〜トの肉は食べられません。人間・エスパー [Z] は肉を食べても変身で きません。

特殊な食肉 初期型のみ!!
戦闘後に特殊な操作をする事で、直前に戦った敵の肉を食べる食肉法。この方法により、 通常は肉を落とさない敵の肉まで食べられる。
戦闘直後に肉を食べたいキャラクターの能力ウィンドウを開き、能力欄の一番下で一度だ けAボタンを押して即座にBボタンでキャンセルする。この操作により直前に戦った敵の 肉を食べることができる。
敵が複数出現した時には、一番左側に表示された敵の肉を食べたことになるが、例外とし て、敵が肉を落とした場合にはいつでも落ちた肉を食べたことになる。
* 人間 / エスパーが肉を食べた場合は、自分のレベルを0とする。
* イ〜ニ / トの肉は、レベル0とする。
* ホ / ヘの肉のレベルは、モンスターリストを参照のこと。
* ヘ ( アシュラ ) の一部は特殊な変化をするので、記号の意味を参照のこと。

食い合わせ表の見方
種族の決定
1.縦の列の一番左のA〜Zから自分の種族を選ぶ。
2.横の行の一番上のA〜Y / a〜d / イ〜トから食べた肉の種族を選ぶ。
3.1. で選んだ行と2. で選んだ列の交差したところが食肉後の種族。

レベルの決定
1.自分と敵のレベルを比較し、大きい方を控えておく。
2.食肉後の種族の幅の項目を調べ、 1. で控えた数字が入っている幅の所が食肉後のレベル。

実際の食肉例
* Case 1. アルバトロスでどくがえるを食べた場合 *
"とり" で "とかげ" を食べると "おに" になる。よって変身後の種族は "おに" である。
アルバトロスのレベルは0、どくがえるのレベルは1。よって1を控えておく。
"おに" で1がどこに落ちているかを見ると、おにの幅「 1-5 」が適合する。
以上により食肉後のモンスターはおにである事が判った。

* Case 2. ガンフィッシュで青龍を食べた場合 *
"さかな" で "せいりゅう" を食べると "ドラゴン" になる。 よって食肉後の種族は "ドラゴン" である。
ガンフィッシュのレベルは8、青龍のレベルは5。よって8を控えておく。
"ドラゴン" で8がどこに落ちているかを見ると、ヤングドラゴンの幅「 8-9 」が適合する。
以上により食肉後のモンスターはヤングドラゴンである事が判った。

食肉に便利な、食肉変化電卓もどうぞ。

[ 戻る ]