2011年9月 大阪の鉄チャン 高崎 で大はしゃぎ!


走行形式写真とか編成写真が大好きやねんけど
たまには車庫の一般公開とかにも行きますねん

9月言うてもまだ暑いですなぁ、そんな中
群馬デスティネーションキャンペーンの一環として高崎車両センターで「高崎ふれあい鉄道デー」が開催されましてん
それだけやったらどうっちゅうことは無いんですけどな
なんと上信電鉄のデキが参加するちゅうことですねん
これは参加せなあきませんわ




おー、居てますわJRの復元蒸機の期待の星C61の右隣に上信電鉄のデキ3が!
左の青い機関車とか右端の赤い機関車はどーでもエエですわ(そんなん言うたら怒られますなぁ)
デキ3は普段はここからJR高崎線を挟んだ反対側の上信電鉄の高崎駅構内に留置されてるんですわ
いくら線路が繋がってる言うたって高崎線を越えてJRの敷地に入って来るなんて考えられませんでしたわ




おまけにデキ3はパンタグラフを上げてますやん
最近は車両展示のイベントでもパンタ上げへんことが多いですねん
デキ3は1924年生まれ、C61の1949年りも遥かに先輩ですわ
小型ですけど貫禄ありますまぁ

先ず午前中の順光はこっちからですな



   ちょっとティーブレイク、上信電鉄のデキってこんな機関車ですねん


デキ3は上信電鉄が電化した大正13年(1924年)にドイツのジーメンス社から輸入した電気機関車ですねん
国内の現役の鉄道車両では最古の部類に入ると思いますわ
同型機が2両居てて時々イベント電車の先頭に立って走るんでっせ
(これは2002年撮影)




1994年の貨物輸送の廃後も、時々レールや砂利輸送の工事列車でも走りますねん
やっぱり貨車を引っ張る姿が一番格好よろしいですな
(これは2003年撮影 大阪の鉄チャンアーカイブス 2003年7月 蒟蒻畑で大はしゃぎ!)




で話は戻って高崎ふれあい鉄道デーですわ
時間を決めて5両の機関車が順番に汽笛を鳴らすアトラクションですねん
ビデオやないから音を届けられへんので残念ですわ
これに合わせてC61の煙も黒いのがモクモクと出てくるんですわ




気温35度を越える暑い時期に真上に上がるこの煙の量は感激ですな
勢い良く蒸気も吐き出してますわ、カッコ良過ぎるんで思わずC61だけアップで撮ってみましてん

このあと一旦会場を離れ商店街のスタンプラリーに行って
景品のC61だるま、D51だるま、デキだるまの3種類をゲットしましてん




午後は太陽が回ってこっちからの撮影ですわ、こっちも右下の電柱を支える虎ワイヤーが気になりますなぁ
またC61の濃い煙を狙いましてんけど、これは一瞬のシャッターチャンス
この直後、風向きの影響で煙が手前に流れて来て機関車が隠れてしもたんですわ

ヘッドマークは無理して付けてる感がありますな、午前中のマーク無しの方が良かったかも知れませんな



JRの名機と並ぶデキに感動した1日でしてん
またこんなイベントを開催して欲しいですな
余った青春18きっぷの消費にもちょうど良い距離ですし




トップページに戻る