[ホームページへ] [管理者用日記編集]

[過去の日記]


ヤコブの荒野の天候記


ヤコブの心を、荒野の天候に見立てて、日記にしました。あなたの心の天気も、掲示板に残してくださいませんか?

最新の10件

2003/04/14(月)  新教会スタート
4月6日に最初の礼拝を持ち、新しい教会、
シティーチャーチ牧野がスタートしました。
これを機に、ホームページも少しずつ更新していきたいと思います。宜しくお願いします。



2001/10/14(日)  今日の荒野
22:51 counter 1221
今日は洗礼式がありました。4名が受洗されました。
洗礼は、ローマ6章にかかれていますが、キリストの十字架での死と復活に、自分をなぞらえる式で、生まれ変わったことを意味します。受洗された方々が主にある人生を歩まれますように。イエス様のお名前によってアーメン。




2001/10/13(土)  今日の荒野
19:16 counter 1210



2001/10/12(金)  新聖書クイズスタート
久しぶりにここに書き込みをします。
 掲示板では色々ありましたが、とにかく、聖書クイズ方法を変えてスタートしました。宜しくお願いします。
 ではまた。



2001/05/12(土)  ヤコブ的考え
ヤコブ的考え □ JACOB 2001-5-12 (Sat) 01:35 [63.40.241.147] ◇

 600人も見に来てくださってありがとうございます。
 しかし、何も無いページで、申し訳なく思っていますが、
 クイズで楽しんでいってください。
  外見のいい王将や横綱、天下一品でなく、
  味にこだわる(ほんまかいな)
   彩華 や 藤 第一旭 をめざしています。
 これが、何のことかわかる人は、こてこての関西人です。





2001/05/03(木)  ♪〜風 夢 さんのご質問への解答02
一回で入らなかったので、、。
次に、
>いまだに最後の審判が出来ないのも、神さまの力の限界をわたしは感じます。
>わたしは、ですから、聖書は『人類に対する脅かし、警告』程度にしか認識していません。
>そうでないのなら、すぐにでも「最後の審判」を実行すべきと断言しますが、
>ヤコブさん、いかがでしょう?
と、
>昨今のニユースでも多々報道されてるように、人類はまさに
>21世紀に入っても世紀末状況を呈しています。
>神さまはこのような状況をいつまで放置されるのでしょうか?
>「時を待て」と言うなら、今こそがその『時』ではないでしょうか!
という質問についてですが、聖書はこう答えます。
第二ペテロ3:9ー10で、「主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。しかし、主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。」とかかれています。主は忍耐深く待っておられます。しかし、終わりの日は来ます。
 また、神様が待っておられるもう一つのことがあります。
 「この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。」マタイ24:14
 です。また、世の終わりの前兆についてイエス様はこういわれます。
マタイ24:4−8「人に惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名のる者が大ぜい現われ、『私こそキリストだ。』と言って、多くの人を惑わすでしょう。また、戦争のことや、戦争のうわさを聞くでしょうが、気をつけて、あわてないようにしなさい。これらは必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。しかし、そのようなことはみな、産みの苦しみの初めなのです。」
 そして、こういわれます。
ルカ21:31−32「そのように、これらのことが起こるのを見たら、神の国は近いと知りなさい。まことに、あなたがたに告げます。すべてのことが起こってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。」
 初めに天と地とを作られた神様が定められた終わりの時が来ます。
 その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。(マタイ24:36)
 そして、あわれみ深い神様は、そのときを待っておられます。

つづきに、以前質問のあったサタンについての回答のまえに、
参考になるページを紹介しておきます。
http://www.dr-luke.org/Keywords/rapture.html けいきょ
http://www.dr-luke.org/Keywords/Satan.html サタン
http://www.dr-luke.org/Keywords/2ndadvent.html 再臨
http://www.dr-luke.org/Keywords/lastdays.html 終末
この件については、回答に時間がかかっていて申し訳ありません。
♪〜風 夢さんにとっても、最大の疑問のようなので、きちんと回答しようとして、時間がかかっています。ただ、あまり待たせてもとおもい、上のページを紹介します。良ければごらん下さい。
 それではまた。



2001/05/02(水)  ♪〜風 夢 さんのご質問への解答01
♪〜風 夢 さんのご質問に、聖書からお答えしたいと思います。
まず、
>>マタイの福音書10:1
> イエスは十二弟子を呼び寄せて、汚れた霊どもを制する権威をお授けになった。
>霊どもを追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいを直すためであった。

>――ということですが、現代では『あらゆるわずらいを直す』どころか、ますます病気が増えています。
>『あらゆるわずらい』が増えています。12弟子の権威はいったいどうなったのでしょうか。
>12弟子の権威が無いとすれば、聖書もその効力を失うと思われます。

について、お答えします。ここで、イエス様は12弟子に権威をお与えになりました。
その後、ルカ10章1節では、同様に、70人を使わされた事がかかれています。
そして、更に、イエス様は、マルコ16:15−18で、「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。」といわれ、この権威を全ての信じる人に、与えられました。ですから、余談ですが、私も、ガンの方の為に祈って、その方が癒されるという経験をさせていただいたことや、悪霊に悩まされていた方の為に祈らせていただいて、その悪霊の働きからその方が開放されるという、経験をさせていただいたことがあります。で、この権威による祈りについては、ルカの10章で、「もしそこに平安の子がいたら、あなたがたの祈った平安は、その人の上にとどまります。だが、もしいないなら、その平安はあなたがたに返って来ます。」「しかし、町にはいっても、人々があなたがたを受け入れないならば、大通りに出て、こう言いなさい。『私たちは足についたこの町のちりも、あなたがたにぬぐい捨てて行きます。しかし、神の国が近づいたことは承知していなさい。』」と言われて、受け入れるものへの祝福であることがわかります。ただし、ここで、注意しておきたいのは、癒しを受け入れることと、イエス様を信じ受け入れることは違うと言うことです。私が祈らせていただいたある方は、病から癒されました。その方は、私が祈ることを受け入れて、喜んで下さり、そして、その病は癒されましたが、いまだ、イエス様を信じたわけではありません。ですから、イエス様を信じないと、癒されないと言うのではありません。しかし、その方が、癒しを受け入れないならば、癒されません。
 
次に、
>人類なくして神さまも何もないのです。
ですが、聖書は、
創世記1:1 初めに、神が天と地を創造した。
 と、語ります。神様が全てを作られました。
 神様なくして、人類も何もないと言うのが、聖書の語るところであり、私の信仰です。
 そして、この神様が、私たち人類を作り、愛してくださっておられます。




2001/05/01(火)  久しぶりの日記
 カウンター500ありがとうございます。
 久しぶりの日記です。
 今日、聖書クイズのプレゼントを注文しました。
 品物はお楽しみに。届いたらご連絡ください。
  と、これは、日記でなく、掲示板でしたね。



2001/04/15(日)  イースターおめでとうございます。
とにかくこれだけは、書いておかないと。
イースターおめでとうございます。
ハレルヤ。



2001/03/22(木)  カウンター314
ちゃんと見てない間に、カウンター314です。
感謝です。
 300踏んだ方どなたでしょうか?
 よろしかったら教えてください。
 ではまた。
神様の祝福が、訪れてくださった皆さんにありますように。
主イエスキリストの御名によってアーメン。