2001/10/29  作成

八ツ森駅

       

仙山線 “八ツ森駅”  臨時駅であるこの駅の周囲に建物の類は一切存在しない    行政区が仙台市青葉区に有るというのは驚きに値する

       

        カーブしたホームは割と長めであるが待合室は無い       駅前広場には何も無く、大自然そのままの深い森が待ち受けている 

   訪問日記  2001年8月14日 訪問  2008年12月1日 再訪

  この“八ツ森駅”は仙山線の臨時駅として、JR化以降の昭和62年3月31日に開設された。しかし、仙山線が最後の区間(作並〜山寺)が開通した昭和12年11月10日には
 既に仮乗降場として開設されている。いったい誰がこんな山奥にある駅を利用していたのだろうか? 後に知ったことだが、ここは冬季にスキー場(八森スキー場)のために
 開設されたレジャー駅だったという。季節開業に限定されていたとしても、それなりに賑わった時代があったのは驚きに値する。しかし、現在では駅の周囲に人家は勿論、
 待合室など建物の類は一切存在しない。駅前はご覧の通り、アスファルトとは無縁の世界が広がり、大自然そのままの雰囲気をたっぷりと堪能できる。ここにたどり着くには
 鬱蒼とした山林の中に未舗装の林道が通っているに過ぎず、隣の作並駅からは辛うじて車でもアクセスできるようだ。しかし、奥新川側は荒れたハイキングコースしか存在
 しない。

  一方、列車でのアクセスは、時刻表の仙山線のページを見る限り、ここは全列車が通過扱いとなっている。ちなみに2002年の秋の「ホリデー快速もみじ号」を最後に、現在は
 ただの一本も停車しなくなった。以前は春のシーズンにも同様な臨時列車もあって僅かながら停車していたが、よほど利用者が居なかったのであろう。わざわざ行楽シーズン
 に専用列車を仕立てて運行したにも関わらず、利用者が全く見込めないのであれば、いつ廃止されても不思議はない。これはもう北海道にある函館本線の“張碓駅”と同じよ
 ように、2度と列車が停まることが無いと思われる。

 こうなると、ランキングのなかでも列車到達難易度は一気に上昇するが、一本も列車が停車しなくなった現在、いつ廃駅になってもおかしく無い存在だ。そんな哀れな駅へ、
 今回真夏の炎天下の最中、作並駅からタクシーで途中の作並小分校前まで行った。そこから約1.5kmほどを徒歩で目指すことにした。しばらく歩くと林の中で未舗装路に変わ
 り、「熊出没注意」の看板に躊躇しながらも、ようやくこの駅へたどり付いた。ベニア板で葺かれた簡素なホームに上がるが、辺りを見回しても何も無い。ホームの先から見える
 鉄橋からは、断崖がそびえる深山幽谷の絶景が望める。ここは、まったく不思議な存在の駅。謎を解き明かすために訪れることは困難を伴うが、それだけに到達出来た時の
 満足感は格別のものがある。