2001/01/10 作成

安牛駅

宗谷本線  “安牛駅” 小さな集落にあるこの駅も、人々が去ってしまえは寂しげな雰囲気が支配する

      

駅名標の足はすっかり雪に埋もれている               この線区は特にこうした貨車改造の待合室が多い

   訪問日記  2000年12月31日 訪問

  ここは天塩川を挟んで国道の反対側に位置するため、実に静かな雰囲気だ。周囲は牧場とその人家が数軒ほど点在しているに過ぎず、人通りのない寂しい一帯であった。訪れた
 朝、新聞配達のおじさんに聞いた話によるとほとんど離農してしまい、残っているのは2軒だけという。そのうち一軒の住人であろうか、老人が自宅前の道路を雪掻きしていた。恐らく
 駅のホームの除雪も彼によるものと思われる。待合室はこの線区に多く見られる元貨車(車掌車)改造のものが使われており、非常にこじんまりしている。内部に駅ノートもないこと
 から、国道を通るクルマやバイクが立ち寄ることは無いのであろう。けれども、たった2軒の人家しか利用者は無くとも、彼らにとって駅と路線は大切なライフライン。事実、このような
 大雪の中、雪掻きに精を出しながら懸命に守っている。そんな想いを胸に刻みながら、隣の南幌延駅へ向けて1.9kmの駅間歩きを始めたのであった。