2008/9/3  作成

瀬戸石駅



早春の「瀬戸石駅」 風に揺れる菜の花が、ほんわかとした空気を演出する、そんな優しい駅だった・・・

      

列車交換の出来る設備と有効長のある島式ホームを持つ    だだっ広い駅前広場は過去2度の水害で駅舎が失われた、悲惨な歴史を物語る


    訪問日記  2008年3月21日 訪問

  ここはJR九州の肥薩線にある列車交換駅で、球磨川へ貼り付くように存在している。周囲の人家は駅前の1軒だけで集落は対岸にあり、だだっ広い駅前広場は一面アスファルトに
 覆われ
寂しげな一帯であった。さらに対岸へ掛かる橋も、およそ2km近く離れているため、とても不便な場所である。では、駅の利用者はいったいどのようにやって来るのか?と、素朴
 な疑問が沸き立つが、これが駅の下にある船着場から球磨川を渡河する“渡し船”が運行されているのだ。運行時刻こそ不定期だが、川辺に立って「おーい」と叫ぶと、お爺さんが櫓
 を漕いで迎えに来てくれるそうだ。単なる興味本位で思わず、その渡し舟に乗ってみたいという衝動に駈られるが、地元の人でも無いのに用事も無く呼び立てるのは、恐れ多くも憚る
 ため遠慮したい。

 さて、駅の話に戻そう。開業は肥薩線が鹿児島本線のメインルートであった明治43年6月で、当時運行されていた長大編成の列車を受け止める長いホームと待避線を備えた広い構
 内を持っている。だが、無人化されて久しく、現在では1〜2両程度のワンマンカーが、その長いホームを持て余すかのようにポツンと停まる、“川辺の小さな停車場”といった風情であ
 る。そんなのどな駅だが、過去2度に渡った凄惨な修羅場があったことなど、今となってはとても信じ難い。時は昭和40年7月3日、折からの集中豪雨によって球磨川が氾濫を起こし、
 怒涛のような濁流に列車ごと流され(乗員・乗客は無事でした)、開業当時からの駅舎も失われた。その後、鉄筋の駅舎へ再建されたものの、昭和57年7月にも集中豪雨による水害
 で再び倒壊してしまい、以来この地に駅舎は建たなくなった。そんな悲しい過去をつぶさに見つめ、心を痛めてきたのがホーム上にある古びた待合室だ。こちらは少しばかり高い位置
 にあったお陰で影響を受けることなく、いまも健在なのが唯一の救いである。

 今回こちらへ訪問することになった秘境駅訪問旅は、山陽新幹線の東広島駅からのスタートし、九州新幹線の新八代駅から肥薩線の列車へ乗り換え、大畑、矢岳、真幸といった“山
 線”にあるハイレベルな秘境駅を再訪。さらに表木山駅、竜ヶ水駅、西大山駅を周って、帰り道になる九州新幹線の新八代に再び着いた。そのまま帰っても良かったが、「九州横断特
 急」で再び肥薩線へ入って球泉洞駅まで乗車、さらに普通列車で折り返して、ようやくこの瀬戸石駅へ下車した。列車を降りて、いつものようにホームの端から端までゆっくりと歩みを
 進め、周囲の観察を行う。う〜ん、早春の九州は流石に暖かい。黄色い菜の花が風に揺られ、見る者の心を和ませる。この至福な一時を享受するために、何百キロ、何千キロもの道
 のりをやって来るのだ。人ごみの観光地なんて要らない。小さな駅のささやかな日常が見たいたけだ。のどかな風景を眺めながら「瀬戸石爺さん、水害ん時は大変だったねー」、「これ
 からも長生きしてくれよ」などと、擬人化して想像を巡らしながら駅と旅人が対話するのであった。