2009/02/03 作成

於札内駅



どんよりと曇った朝、雪に覆われた線路を見ながら列車を待った

    

国鉄タイプの駅名標はおびただしい数のリベット留めで生き残った  スチール製の物置のような待合室   一見すると寒々しいが、善意の座布団が嬉しい


    訪問日記   2009年1月19日 訪問

  ここは札沼線の末端区間の浦臼〜新十津川間にある。やってくる列車は一日あたり3往復に過ぎず、列車での到達は困難だ。周囲は冬季のため、白いベールに包まれているが、
 無雪期には田畑が広がる長閑なところである。辺りには人家が密集する集落はなく、7〜8軒の農家が散在しているだけ。そのため、駅の利用者は限定的と思われ、隣の「南下徳
 富駅」と並び存続が危惧される。また、駅に至る道路の踏切には、冬期間通行止めの標識が立っている。この時期、当然ながら除雪されないため、自動車での訪問は叶わない。

 駅の構造は単純な一面一線。コンクリート製のホームの上にスチール物置のような待合室を従えている。そのため、“木の温もり”といった風情を感じないが、何も遮るものが無い、
 広大な平野を吹き抜けて行く風雪から、乗客を守る大切な“シェルター”になっている。待合室の入り口には、錆び付いた国鉄タイプの駅名標が貼られていた。こうしたものはJRに
 なってから、古いものを刷新する流れで、車両のカラーとともに新しいタイプへ変更されることが多い。しかし、この駅名標はおびただしい数のリベットを使い、待合室の外壁へ直接
 打ち付けられている。剥がすことを諦めたのであろうか、こうして貴重なアイテムが残されていることに、小さな喜びを感じてしまう私であった。室内に入ると薄い木製ベンチに、地元
 の方の善意による座布団が敷かれていた。壁だけでは無く、床板も鉄板であるため、底冷えしそうな殺風景な雰囲気をだいぶ和らげている。特にこの寒い季節には嬉しいものだ。
 更に駅ノートも置かれ、旅人たちの想いが綴られている。私も一筆書かせて頂き、暫し旅情に浸ることにした。

 今回、隣の「南下徳富駅」から歩いてやって来た。線路を迂回したため2km余りになったが、距離的には大したことは無い。しかし、新雪の上でキャスター付きのバッグを引きずる
 ことは、単なる“雪集め行為”に成り果てた。そのため、ショルダーベルトを引っ張り出して担ぎ上げることにした。更に2台の一眼レフカメラにノートPCの入った重いカメラバッグを
 首から提げるという、出で立ちになった。恐らく総重量は30kgを超えたであろう。これはまさしく重労働である。すでに周囲の景色を楽しむ余裕は無い。そして約40分後、ゼーゼーと
 息を上げながら、この待合室のベンチへ転がり込んだ。朝飯前の運動にしては激し過ぎる。今朝方までタクシーを使っていたくせに、一体何をやっているのか?我ながら不可解な
 行動に、思わず笑いが込み上げて来たのだった…。