2004/06/18 作成

大張野駅



最終列車が去って行った後、誰も居ないホームに深々と雪が降り積もる

      

元有蓋貨車の駅舎だが、見せようという苦心の跡が    一夜が明けた早朝、真綿のような大雪が辺り一面を覆い尽くした


   訪問日記   2004年3月4日〜5日 駅寝訪問

  ここは、県庁所在地のある秋田駅からわず3駅目のところにある小さな駅。奥羽本線の同区間は新幹線「こまち号」が走る秋田新幹線と併用され
 ており、首都圏とのメインルートになっている。しかし、駅の周辺環境は私の想像を遥かに越えていた。大抵の場合、県庁所在地にもなる大きな都
 市から、わずかに3駅しか離れていない駅は、通勤通学のためベッドタウンとして街が形成されることが多いからだ。ところが、ここは鉄道防風林に
 囲まれ、人家と呼べるものは商店が1軒、離れたところに3軒あるに過ぎない。今まで数多くの秘境駅を訪問調査して来た私にとって、まさしくカルチ
 ャーショックな出来事である。かように隠されたような秘境駅がまだまだ存在していることに、驚きを止めることが出来なかった。

 今回、私の秘境駅訪問旅は東北地方だ。もともと数多く訪れていたが、新たな秘境駅を発掘すべく自宅のある広島県から青春18きっぷを使って旅
 していた。人影も疎らな新庄発の最終列車に乗り込み、真っ暗な雪深い山中を延々と走り続け、日が変る寸前の23:57に駅へ到着。ワンマン運転
 であるため、持っていた青春18きっぷを運転士に掲示してからホームへ降り立った。その際、運転士氏は作り笑いを浮かべながら、何やら訝しげな
 目付きでホームの待合室へと歩みを進める私を見送るのであった。こんな夜中に冬山登山者の格好をした男が、普段誰も利用しない時間にひとり
 下車して行くのだから疑われても仕方ない。

 今夜の宿となる待合室は、アルミサッシでぴったりと締め切りが可能で、寝床となる造り付けの長いすも完備されている。快適な設備にすっかり安
 心したのか、急に空腹が込み上げてきた。新庄駅で仕入れた弁当を、わずか5分程度で食し、ワンカップの日本酒を煽ると、ようやく人心地着いた。
 エネルギーを充電し終わった身体は、半ば条件反射のように、カメラと三脚を担ぎながら大雪降りしきるホームへと飛び出すのであった。真夜中の
 静寂感、ぼんやりとした明かりに照らされたホーム、実に素晴らしい!こうして当時の模様を書いていると、多くの奇行に反省すべきものも多分に
 あるが、ここは本能に任せて行動することが秘境駅訪問旅の醍醐味である。翌朝まで延々と降り続いた雪は、周囲の風景を更に白い厚化粧へと
 変えて行った。こうして、翌朝5時半頃に起き出した私は、予定通りに一番列車へと乗り込むのであった。