2000/8/20 作成

土合駅

上越線 「土合駅」 谷川岳を目指す登山者は、まず駅の階段で洗礼を受ける

    

上り線は地上にホームがある      モグラ駅と名のつくホームは下り線の新清水トンネル内にある

    

やっとたどり付いた下りホームは薄暗く、ヒンヤリと冷気が漂う   地上まで延々と続く階段は、途中にベンチがあって休憩できる

   訪問日記   2000年8月5日 訪問

  この“土合駅”は、上越線の群馬・新潟県境に跨る新清水トンネル内にある駅として鉄道雑学界?ではあまりにも有名である。さらに、谷川岳登山
 の拠点として、ハイカーたちにも知られ、登山前のウォーミングアップとして、地上へ出る462段に及ぶ長い階段を登って行くらしい。駅の周囲に人家
 は無いが、ドライブインや国民宿舎、山の家系の民宿などがあり、夏山シーズンとあいまって行楽客で賑わっていた。

 
 今回の秘境駅訪問旅は、青春18きっぷを使い「EL&SL奥利根号」で水上までやってきた。けれども、接続列車に時間がああるため、バスで先回りし
 て訪問することにした。国道沿いにあるバス停で降り、駅に向かう。三角形の玄関を持つ立派な駅舎は、登山者の休憩所を兼ねている様子だ。はじ
 めに、上り線の地上ホームに行ってみた。昔の長大編成列車が停車した名残で、かなり長いホームには締め切り可の小ぶりな待合室があったが、
 誰もいなかった。次にいよいよ下り線の地下ホームへ行ってみることにしした。噂どおり長い階段が続き、登りでなかったのを幸いにズンズンと降りて
 いく。ちょっとした声でも辺りに響き渡るので、ある意味静かな環境とは言い難い。ちなみに5〜6段毎に踊り場のある独特な作りで、途中にもベンチが
 あるので、疲れた時の休憩もできるようだ。やっとの思いで地下ホームに着くとかなり冷しく、地上とは別天地だ。だが、湿度が異常に高く、ホーム上
 にある待合室内部のガラスや壁にベタベタと水滴が付いているので不快ではある。

 一通り撮影を終え、しばらく休んでいると、“ゴォォォ〜” という轟音とともに短い2両編成の列車がやってきて乗り込む。こうして再び真っ暗な世界に
 引きこまれていった。