2009/08/06 作成

安比高原駅



高原にある小さな駅に、さわやかな風が吹き抜けていく。

    

交換設備のない一面一線のホーム。  SLの三重連を撮りに集結した鉄道ファン、巨大なスキーリゾートに群がったバブル世代、この駅には幾多の思い出が詰まっている。


    訪問日記  2009年7月28日 訪問

  この駅は高原リゾート地の玄関口にある。その名は“安比”よりも、“APPI”という派手なロゴでバブル期に開発された大規模なスキー場として知られる。そんなリゾート施設を中心に、
 大そうな賑わいを見せる一大観光地と思いきや、駅の周囲には人家がまったく見当たらない。遠くに見えるホテルやペンションへも歩いて行くには遠く、この駅を利用する観光客はどれ
 ほど居るのだろうか。そんな旅人の心配をよそに、白樺の林を背景にして、牧場に似た瀟洒な駅舎が建っていた。駅の歴史は、大正15年11月10日、“龍ヶ森信号場”として開業。その
 後、仮乗降場と信号場の立場を繰り返すという数奇な運命を経て、昭和36年12月28日、正式な“龍ヶ森駅”へと昇格。さらに昭和63年3月13日の国鉄分割民営化の翌年、バブル期に
 開発されたリゾート施設に由来する駅名として、現在の“安比高原駅”に改称された。

 今回、私は東京に所要があり、自宅のある広島県から出発することになった。なぜ岩手県を旅しているのか?それは限りある休みを最大限に利用して秘境駅訪問を行うためである。
 旅の始まりは、新幹線の東広島駅を会社の夜勤明けに「こだま738号」へ乗車した。岡山で乗り継いだ「のぞみ124号」を早々と姫路で降りる。ここまでは普通の行程であろう。しかし、
 その先のルートは、播但、山陰、舞鶴、小浜、北陸、信越、羽越、奥羽で青森駅を周って、東北(新幹線)、東海道・山陽(新幹線)を経由して行くものだ。こうして全行程2925.5kmに及ぶ
 常軌を逸した旅なのである。
 
 使用した乗車券は、東広島〜福崎(3,890円)と福崎〜東広島(24,680円)の2枚となる連続乗車券。要するに“ラケットループ型”の片道きっぷで、有効期間は延べ18日間に及ぶものだ。
 実はこの乗車券は、東広島〜東京間の単純往復では21,540円だから、その差は何と7,030円しか違わない。もちろん新幹線をはじめとする特急や寝台等の料金は別途になるが、それ
 でも2万円ほどの加算で済んだ。こうして寝台特急「日本海」に乗車翌朝には青森駅に立つことができた。その後、東北本線の“千曳”、大湊線の“金谷沢”という秘境駅を訪問し、この
 “安比高原”も翌日の夕刻に訪れた。狂気の沙汰と思えるかも知れないが、我ながら非常に完成度の高いプランであると、ささやかながら悦に入っている。

 行程の詳細については省略させて頂くが、盛岡で途中下車することで今回の訪問を行うことにした。盛岡駅は本当に久しぶりだ。以前は東北本線が青森まで全通していたので、素直
 に花輪線のホームへ回ることが出来た。しかし、現在ではだいぶ様子が異なる。それは盛岡〜目時間が“IGRいわて銀河鉄道”、目時〜八戸間が“青い森鉄道”として、それぞれ第3
 セクター化されたことに起因する。そのため、盛岡〜好摩間を直通する花輪線の乗車口には延々と歩かなければならない。これから乗車する快速「八幡平」という名称を持った列車も
 以前のキハ52系では無く、新鋭キハ110系へと変っていた。その性能は33‰(パーミル)もの急勾配をいとも簡単に登り詰め、峠のサミットにあるこの駅へ呆気なく滑り込ませた。ドアが
 開くと、麓より気温が低いのを感じた。さすがに504mの標高を登って来ただけある。高原のそよ風を頬に感じながら、いつものように楽しい秘境駅調査を始めたのであった。