2017/3/2   2017年度版へ改訂  五十石、美々の各駅が2017年3月のダイヤ改正で廃止のため削除

秘境駅ランキング 101〜150  “2017年度版”

  秘境駅としてのランクは低いけど、駅の魅力はそればかりではありません。 自分の感性でそのランクは更に上がるでしょう。

順位 駅名 路線名 所在県 秘境度 雰囲気 列車到達難易度 外部到達難易度 鉄道遺産指数 総合評価 備 考・総 評  ※皆様からの詳細な情報で随時訂正しています。
101
浜厚真 日高本線 北海道 3 4 11 1 3 22  人家3軒 / 貨車駅 / 一面荒涼とした原野 / フェリー乗り場まで徒歩20分
102 平津戸 山田線 岩手県 1 1 17 1 2 22  駅前に人家なし / 木造駅舎(兼商店)は取り壊し / 貨物ホーム跡 / 国道に近い
103 相月 飯田線 静岡県   2 2  13  4  1  22  人家4軒 / トンネルに挟まれる / 国道に近いが長い階段を上る
104 (臨)池の浦シー
サイド
参宮線 三重県 1 1 1 1 22  人家数軒 / 海水浴客の臨時駅 / 国道は林と池の向こう側 / 近年は停車少ない
105 大滝 奥羽本線 山形県 4 3 8 3 3 21  人家1軒 / 真新しい待合室 / 駅前は土砂災害で集落が消滅
106 驫木 五能線 青森県 2 2 14 1 2 21  人家2軒 / 目の前は雄大な日本海 / 味わい深い独特な木造駅舎
107 瀬戸石 肥薩線 熊本県 3 3 8 5 2 21  駅前に人家1軒 / 球磨川が絶景 / 過去に2度の水害で駅舎無し / 国道は対岸
108 伊勢鎌倉 名松線 三重県 1 2 1 2 21  人家3軒 / 集落は離れる / 閑静な雰囲気 / 2016/3/26から災害復旧で再開
109 江田 磐越東線  福島県 1 94 9  2  5 21  人家10軒ほど / 元スイッチバック信号場 / 夏井川渓谷ハイキングの拠点
110 千曳 青い森鉄道 青森県 5 5 5 2 3 20  人家なし / 集落からは離れる / 待合室は上下ホームに2箇所 / 通過列車多し
111 青井岳 日豊本線 宮崎県 4 5 4 2 5 20  駅前に人家3軒 / 離れた所に10数軒の集落あり / 深い山中 / 列車交換駅
112 塔のへつり 会津鉄道 福島県 7 2 5 4 2 20  人家なし / 林のなかにひっそりと / 観光客多し / ホームの巨大こけしが怖い
113 桂根 羽越本線 秋田県 1 1 16 1 1 20  通過列車多し / 駅の裏手に集落あり / 元信号場 / 国道からは近い
114 南今庄 北陸本線 福井県 5 4 4 3 4 20  人家なし / 深い山の中 / 北陸トンネルの出口 / 幹線のため通過列車多い
115 (臨)田井ノ浜 牟岐線 徳島県 1 2 1 1 20  海水浴客のための臨時駅 / 人家離れて10軒ほど / シーズン中1日4往復が停車
116 赤瀬 三角線 熊本県 3 4 6 5 2 20  人家離れて3軒 / 駅までは狭く急な坂道 / ツツジが美しく雰囲気良し
117 土合 上越線 群馬県 1 1 9 1 8 20  周囲に人家無いが、民宿等の宿舎あり / 下りはトンネル内にホームが有る
118 比羅夫 函館本線 北海道 1 2 12 2 3 20  駅舎が民宿(駅の宿ひらふ) / 人家3軒 / 羊蹄山の雄姿 / 主要道から離れる
119 神尾  大井川鐵道 静岡県 3 4 6 5 2 20  人家遠い / 鬱蒼とした林の中 / 大井川の絶景 / 狸の置物が出迎える
120 毘沙門 津軽鉄道 青森県 3 4 7 2 3 19  林の影に隠れて人家見えず / 待合室は古い / 川辺の和やかな雰囲気
121 流山温泉 函館本線 北海道 1 1 14 2 1 19  人家遠い / 入浴施設あり / 置かれていた200系新幹線は撤去
122 江津本町 三江線 島根県 1 2 14 1 1 19  人家は直接見えない / 街には近い / 江の川に面した閑静な雰囲気
123 居組 山陰本線 兵庫県 4 5 5 3 2 19  人家3軒 / 集落まで500m / 広い構内 / 明治の木造駅舎 / 通過列車あり
124 知和 因美線 岡山県 1 4 12 1 1 19  味わい深い古い木造駅舎 / 周囲に人家は数軒 / 大きな工場が1軒
125 赤井川 函館本線 北海道 1 2 13 1 2 19  人家7〜8軒 / 国道から700mほど離れて静か / 列車交換駅 / 林に遮られる
126 餘部 山陰本線 兵庫県 1 1 4 10 2 18  餘部橋梁(掛け替え済)の直ぐ脇 / 人家は41M下で急坂の歩道を5分登る
127 北比布 宗谷本線 北海道 1 2 13 1 1 18  人家数軒が点在 / 通過列車が多い / 待合室はコンクリ製で床は土間
128 新郷 伯備線 岡山県 3 3 8 2 2 18  人家3〜4軒 / 集落まで約1km / 列車交換駅 / 駅設立の記念碑あり
129 安比高原 花輪線 岩手県 3 3 8 2 2 18  人家無し / 近くにリゾートホテル / 静かな雰囲気 / 古い駅舎の雰囲気良し
130 郷戸 只見線 福島県 1 2 12 2 1 18  人家遠い / 林の中 / 国道から離れて静か / カプセル型の待合室
131 備後落合 芸備・木次線 広島県 2 3 5 1 7 18  人家3軒 / 路線分岐駅 / 山深い / かつての栄華を偲ばせる広い構内
132 広戸 五能線 青森県 1 1 14 1 1 18  人家は無いが工場あり / 目の前に雄大な日本海、防護フェンスで見通し悪い
133 トマム 石勝線 北海道 8 1 5 2 1 17  人家無し / バブル期に建ったリゾートホテルのみ / 深い山中で街まで遠い 
134 奥阿仁 秋田内陸縦貫 秋田県 2 1 11 2 1 17  人家2軒 / 深い山間 / 築堤の上に規格モノの待合室 / 国道から外れる
135 薩摩塩屋 指宿枕崎線 鹿児島県 1 2 11 1 2 17  人家数軒、離れて集落あり / 一面畑地が広がる / 錆びついたホーム上屋
136 薩摩高城 肥薩おれんじ 鹿児島県 3 8 2 1 3 17  人家は遠い / 集落まで約500m / 砂丘の海岸は絶景 / 廃墟のドライブイン
137 福島高松 日南線 宮崎県 2 6 5 2 2 17  人家は10軒ほど / 田園地帯と駅前に酪農農家 / 待合室は南国ムード満点
138 予讃線 愛媛県 2 6 5 2 2 17  伊予灘が一望できる高台 / 人家は小さな商店を含め3軒 / 国道から離れる
 139 西相知  筑肥線 佐賀県   1 2 8  1  4 16  人家離れて10軒 / 元炭鉱があった所 / 寂れた雰囲気 / 貨物ホーム跡あり
140 金谷沢 大湊線 青森県  2  1  11  1  1  16  人家4〜5軒 / コンクリートホームに小さな待合 / 駅前に湧水あり
 141 大張野  奥羽本線 秋田県  4  3  3  4  2  16  人家は駅前に1軒の他は離れる / 国道13号からは遠く閑静な場所
 142 横間 花輪線 岩手県   1  1  11  2  1  16  人家十軒の集落あり / 利用者は少ない / 主要道から離れており静か
 143 岩野目 秋田内陸縦貫鉄道 秋田県 2 2 8 1 2 15  人家数軒の山里 / 国鉄時代の古い待合室 / コンクリホームはボロボロ
  144 茅沼 釧網本線 北海道  2  2  9  1  1  15  人家数軒 / 釧路湿原の東端 / タンチョウの餌付けで知られる 
  145 阿波大宮 高徳線 徳島県  2  2  7  2  2  15  人家10軒ほど / 山間にある長閑な列車交換駅 / 古い駅舎が残る
  146 刺巻 田沢湖線 秋田県  1  1  9  1  2  15  人家数軒 / 列車本数少ない / 水芭蕉の咲く湿原が近い / 国道の前 
  147 石打ダム 三角線  熊本県  3  2  6  2  2  15  人家数軒 / ひっそりとした山の中 / ダムの堤体を模した奇妙な待合所
  148 那良口 肥薩線 熊本県  1  2  8 2  2  15  駅前に人家は無いが裏手に集落あり / 国道は対岸 / 球磨川の流れが絶景
  149 土佐北川 土讃線 高知県  1  1  8  1  4  15  人家数軒 / トレッスル橋の上に駅がある / 対岸は交通量の多い国道
  150 高屋 陸羽西線 山形県  2  2  8  2  1  15  人家2軒 / 国道近い / 古い駅舎は解体 / 跨線橋を渡ると廃墟のスキー場



  「ランキング」の基準として、以下の5項目において20段階で集計し、総合評価を100点満点で判断しました。 

   秘境度 とは、周囲が断崖絶壁、深い山林、荒涼とした原野にあり、人家が無い(少ない)場合などに高いポイントを得ます。

   雰囲気 は、木造の駅舎や待合室、板張りホームなど、古い歴史を感じさせるものに高いポイントを得ます。

   列車到達難易度 は、列車本数が少なく、普通列車でも停車が少ない場合に高いポイントを得ます。

   外部到達難易度 は、駅までの道が無い、登山道、未舗装路など、外部からのアクセスが困難な場合に高いポイントを得ます。

  
鉄道遺産指数 は、スイッチバック、ループ、引き込み線、廃線跡などの鉄道遺構(現役含む)に高いポイントを得ます。

   総合評価 では、上記の5つの項目における合計点によって、ランキングが決定される仕組みになっています。

  ランキング表は廃駅や新駅の設置、停車本数や駅舎取り壊しなどの変動要因を踏まえて、年度ごとに改訂いたします。

  これらの駅は筆者の独断的な判断によるもので、個人的な見解にそぐわない場合があります。

  
詳しい情報をお持ちの方、ご意見のある方はご一報下さい。
  
  

    ushiyama@hkr.jrnet.ne.jp

           

51〜100位へ戻る    ホームへ    151〜200位へ進む