小紋ヌカ・塩・消石灰 など・・・の役目について、  

糸目糊に、何故?ヌカなど混ぜるのか ? ?  糸目糊の配合役割の基本です。

 糸目糊の配合について・役割などの基礎知識 
小紋ヌカ 役割 糊の粘度を押さえて、切れを良くする。
糊に厚みを出す。
水洗いの際に、糊落ちを容易にする。
糸目がクッキリします。
役割 生地に置いた糊が、乾燥した時の割れを防ぐ。
消石灰 役割 糊の腰を強くする。また防腐効果がある。
消石灰
(注)
空気中にさらしておくと化学変化を起こして徐々に効果が無くなる。
消石灰の不足は、糸目が太って作品の仕上がりは悪くなります。
また、作業をするときには、糊が糸を引いてやりづらいです・・・

入れ過ぎ(石灰の効き過ぎ)は、糊がこんにゃく状態になり、
生地に食い込みません。
また、作業もやりづらいです・・・
モチ粉 役割 粘度(ネバリ)が強くなる。

作品の染め上がりは、糸目(模様と地色の境目)にグラデーションがかかりやすくなり、やわらかい感じになります。


サイトTOPへ